Cosmos Photo Gallery
last updated at 2022.01.07.
new photo last uploaded at 2022.01.07.
English (Translating now. Only some limited pages can be read in English.)
  To see this page, please use UTF-8 character code set under your browser.
  当websiteの一部のページを英語ページへ移植中のため、日本語のページに文字コードセットがSFT-JISのページとUTF-8のページが混在しています。通常はbrowserが自動判別するはずですが、もし文字化けが生じた場合は、お使いのbrowserの表示用文字コードセット設定を変更してご覧ください。

Cosmos Photo Gallery にお越しいただき、ありがとうございます。

あなた様は当ホームページ全体への 人目のお客様です。    このページへは 人目です。

        


・22.01.07.GalleryページにライカSL+Rレンズによる燕岳2021.10. の写真をuploadしました。

・20.07.19. 1.5万円~3万円+37時間の投資で60分間の英会話・外国語会話を習得:速聴による
 効率良い英会話・外国語会話習得方法の、自己学習に必要な機材と教材のページを更新しました。

・19.12.28. ~12.30. GalleryページにライカSL+Rレンズによる
穂高岳2019.09. の写真をuploadしました。

・18.09.16. 2018.08.27. 奥穂高 ザイテングラートでの筆者の登山靴トラブルを
 レスキューいただいた若い登山家の方への御礼と記念写真お渡しのページ

・17.03.24. Galleryページに槍ヶ岳 ~ 大キレット ~ 北穂高岳をupしました。

・16.01.01. Galleryページに永観堂にて:ポートレート写真 900 x 600pixcelをupしました。


他のページへのリンク


Gallery     Gallery-e

 last updated

2022.01.07.

カメラ、レンズ、その他の撮影用機材の使用体験情報

・18.07.18. Leica SLが手元にやってきた、2018.04.13.。

Leica SL + ズミクロンM28F2ASPHレンズ vs Leica M10 + ズミクロンM28F2ASPHレンズの周辺画質比較テスト結果

LeicaM10テスト結果1 中央部と周辺部の画質比較 旧世代広角レンズ

Sonyα7RⅡテスト結果1 中央部と周辺部の画質比較 - オールド広角レンズ

Sonyα7テスト結果1 電子先幕高速シャッター使用時の画像ムラ

撮影用機材の使用体験レポート・テストレポート
360mmレンズによる撮影  重量級ボデーによる三脚・雲台ブレテスト
    (絶景をブレで逃さないために)
・カメラ雑誌「CAPA」2002年10月号の「紅葉撮影機材テスト&ガイド」特集のなかの
 「三脚+雲台ブレテスト」記事の検証テスト結果(中間結果2)

レンズフードにPLフィルター操作窓を開ける方法
寒冷地での使用体験
使って良かった機材-ライカR8のスクリーンについて
ライカRレンズについての独断的寸評(ズームレンズ編)





2017.09.22.

2017.03.24.、 26.

2015.08.23.

2015.01.29

2002.10.16.

2008.05.01.


2003.01.10.

2005.11.13.
2003.10.08.
2008.02.17.
2004.01.13.

痛い目にあった機材 : キヤノンの嘘2、 キヤノンの嘘3マジックボールミニ雲台

2002.10.16.

our some experiences
・速聴(高速聴音)による 効率良い 英会話・外国語会話 習得方法



2010.01.07.


and our opinions about the Times





当Galleryでは、天 平(あまの たいら) と 天 音(あまの おと)が業務に関連した取材活動で and/or 個人的な作品として撮影した写真を展示しています。

当ホームページ掲載のポートレート写真の肖像権はモデルご本人 and/or 所属事務所にあります。
当ホームページ掲載の写真・画像等は著作権法の保護をうけております。これらの写真の転載・改変等をされる場合は、著作権法に定める場合を除き、事前に著作権者の文書による承諾が必要です。 

(C)2000~2006、 2016 Taira. Amano(Y. Otake), and Oto. Amano(H. Otake).  All rights reserved.

当ページはリンクフリーですが、アダルトサイト・公序良俗に反するサイト等からのリンクはお断りいたします。
雑誌等への掲載もOKです。 リンク時、掲載時は事前にその旨ご一報ください。